運転資金 借入 自営業


自営業者の上手な資金繰りはどうやってするの?
自営業者の運転資金はこうやって調達する!

自営業を営んでいる人の資金繰りの現状

事業規模や営業実績などにもよりますが、個人事業で自営業を営んでいる方は法人に比べますと、金融機関にとって信用面では心細く感じられる場合が普通です。一般に利率などを考えますと、公的融資や銀行による融資は有利になるので、融資元として選びたいのはやまやまだと思います。

公的融資や銀行系の融資は事業規模や営業実績、そして経営成績や財政状態など様々な観点から分析して、融資した資金を回収できるかどうかを見定め、大丈夫と判断しない限り融資を実行してくれません。

自分の事業は成績も良く、財政も安定してきたとなった場合、審査を受けることになるのですが、その審査のために作成する書類は多く、また正確性なども求められるので、事務の体制がしっかりしていない場合には、その審査書類を揃えるだけでもかなりの事務負担がかかってしまいます。

そのため、営業を開始して間もない事業だったり、財政状態もそこそこの場合には、銀行系の融資はハードルが高いのが現状です。

そのため、自営業をされている個人事業主が資金の調達先として利用されているものの最も大きい物はノンバンク系を中心としたビジネスローンであるのが現状だと思います。

ノンバンク系のビジネスローンはやや銀行系に比べ利率が高い場合がほとんどですが、最も有利なポイントは審査を受けるときの負担がかなり大きいことです。主な営業活動に出来るだけ時間を費やしたいのが自営業の経営者の本音だと思います。参考に→自営業借入や資金繰りの悩み【自営業ラボ】

大きな手間暇をかけて審査の書類を作成して審査を通らなかったなどというのは、とてももったいないことですよね。メインの営業活動に力を注ぎ、資金繰りの際はスピーディーに活用できるビジネスローンの中から出来るだけ有利なものを選択し、利用されているというのが自営業の方の資金繰りの一般的な現状といえます。

自営業の運転資金の調達にベストな方法は?

最短で即日融資も可能な事業者ローンも
最短で即日融資も可能な事業者ローンもある イメージ
今日自営業者にとって
経営にはスピードが求められて
います。もちろん資金繰りも!
公的融資活用のメリット・デメリット
自営業者が公的融資を活用するメリット・デメリット イメージ
自営業者は公的融資を
活用すべき?そのメリットと
デメリットから検証します

自営業者は銀行借入では追加融資が困難
自営業者は銀行借入の場合追加融資を受けにくい イメージ
意外と柔軟に利用するのは
難しい銀行融資
追加融資はなお困難です
少額の借入でも担保が必要な場合が
少額の運転資金の借入でも担保が必要な場合がある イメージ
少額な融資くらい担保は
免除して欲しい…でも
そんな気持ちは通らない?

事業者ローンは自営業でも柔軟な審査をしてくれる

事業者ローンには前提として自営業者を
対象としているものもあります。
そのため自営業者の立場にたった
柔軟な対応もしてくれます。

意外と利率が低い現在のビジネスローン

意外と利率が低い現在のビジネスローン イメージ
銀行系融資などに比べて高すぎると
思い込んでいませんか?